全国がん登録・院内がん登録・臓器癌解析

ホーム 臓器癌登録解析 Can Stat(旧ベクセル改良版)

臓器癌登録解析 Can Stat(旧ベクセル改良版)

がん登録解析ソフト【CanStat】は、ユーザー様からのご要望が多い
ユーザー様が、独自で項目が変更可能な機能を新しく追加しました。

是非、新しくなったがん登録解析ソフト【CanStat】を学会の研究発表にお役立てください。 自由度が増したがん登録解析ソフト「CanStat Ver4.2」を2017年12月1日にリリースします。
当初発売から、BECCLEとして研究医に幅広くご利用いただいておりました改良版となるがん登録解析ソフト【CanStat】を登録項目内容の追加変更が可能なシステムにバージョンアップしました。従来は、統計解析と連動していたため登録項目はユーザー側で変更出来なかったが、新たに登録内容の追加変更を行っても従来登録したデータには影響なく、統計解析まで使用できるソフトをバージョンアップしました。
2017年にUICC_TNM悪性腫瘍の分類の8版が出ることにより、従来登録している内容の追加変更を余議されるため、それに対応できうる登録内容の追加変更がユーザー側で簡単にできる機能を追加し販売をスタートしました。
また、カスタマイズ(オプション機能)として協同研究データの収集が出来るように規定されたテキストデータ(CSVやタブ区切り)のデータをインポートできるオプション機能も追加し、大量のデータ登録が簡単にできることにより、がん研究者や病院・医局のがんデータベースとして貢献します。

  • がん登録
  • 一般統計
  • 生存率解析
  • 多変量解析

がん登録・解析ソフト(CanStat)は、全国の国立病院様・県立病院様の研究・学会で利用されているBeccel(MS-DOS)版からの実績があり現在の利用ニーズに合わせたWindows対応用に改良し、多変量解析など追加機能を満載させたソフトウェアです。
データベースとデータ分析(一般統計・生存率解析・多変量解析)が一体化した、がん臨床研究に特化した分析・解析が可能です。
医局・ドクターの研究にご活用ください。
その他、カスタマイズによるグループ研究データベース化や、都道府県・市区町村立病院様・グループ病院様などに合わせたカスタマイズや、開発も対応します。 お気軽にご相談ください。

先頭へ戻る